ちょっと蒸しってしていたので軽くって酸味の豊かなワインが欲しかった。

totoの話でもって思い店長さんトコへ行こうと思ったが雨・・
スクールの予約もしたかったのでスタ4へ

で、酸味が豊かで味も財布にもカロリなワインを探す

これはって思ったワインの味を聞くと「軽くって飲みやすいですよ・・酸味も少なくって」

酸味が少ないとミッションが完結しない。

なので、入店時から気になっている酸味があるそうなワインがあるのだが値段が750円・・・外しそうなので避けていたが750にカケてみた。

カ・ドニーニ ビアンコ・ディ・クストーザ 2006
437759893_208.jpg

トレッビアーノ、トカイ・フリウラーノ、シャルドネ、ガルガーネガ、ビアンコ・フェルナンダの5つのブドウの混醸らしいが南のほうのソーヴィニヨンブラン的な感じ。
酸味が豊かで少しだけ渋みアリ。樽のニュアンスと後味の余韻も少々感じる雑味も変な甘みも無くイタリアが苦手でもグイっと飲めあっと言う間にボトル半分開けてました。

(750円)-(スタ4の儲け)-(インポーターの儲け)-(消費税)-(酒税)-(輸送代)=原価(含む瓶代)って考えるとちょっと恐ろしい原価だと思う。
関連記事

コメント 0