古いのを呑むよって言われて出かけてきました。
DSC02039.jpg

その古いのは「CH テルトル ド サン メム 1959」
ワインを持参してくれたヒトも開けて不味かったらごめんねモードでしたが・・呑んでみると予想外にへたってない甘みも酸味もシッカリした美味しいワインでした。

私が持参したのはムルソー(白)の1970。
抜栓した直後は奈良漬のかおり・・味は薄めたシェリー・・・ハズレかぁ・・このまま酸っぱくなるだけなんだろうなぁ??と思ってましたが。
時間と共に酸味が増すと思われていたワインに甘みやコクが出てきました。30分後にはコッテリ感は無いモノの雑味の無い枯れた優しいワインに変化していた・・・ピークは10年前くらいだったと思うけど美味しく呑めたのでチョット安心しました。
関連記事

コメント 0