手振れ補正がちゃんと効くコンデシが欲しいと物色してました

何故か宅急便で届いたのはコレ
16012701.jpg

え~っと、オリンパスのE-PL6とか言うミラーレス(汗)
コンデシ物色してたらパナソニックのGM1/GM5やオリンパスのE-PL6がコンデシとさほど変わらない程に価格でたたき売りされてましてチョイと色気が

手振れ前提にE-PL6に絞ってみたモノのE-PL6は効果が体感できないと言われる2軸タイプのボディ内手振れ補正

google先生に2軸タイプはやっぱりダメですかと聞いてみたら「シャッター速度1/10なら実用出来るぞ」とのお答え

でも、シャッター速度1/100~1/150でシャッターと手ブレ補正機構が干渉して微ブレってヤツが発生するんですよねってgoogle先生に聞いてみたら「低振動モードを使え」とのお答え

で、たたき売りされてるE-PL6を買ってしまいました

その後、有馬記念でゴールドアクター号が交換レンズを運んでくれました
16012702.jpg

LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7・・・欲しかったレンズです


LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7で撮影
16012703.jpg

確かに1/10でもブレません


でも、もう少し焦点距離の長いレンズで大きく写したいな
16012704.jpg

SIGMA 30mm F2.8 DN
あ~レンズ沼にはまってる

Xマウントはレンズの種類が少ないの大丈夫だけどマイクロフォーサーズはイロイロありすぎる
既にマクロレンズが欲しくなってるし(汗)


撮影はすべてE-PL6 + LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7でRAW撮影してAdobe Lightroom現像です


レンズ沼

写真機の交換レンズを蒐集する趣味。その物欲と出費の間で葛藤する状態。
蒐集家の着目点は「外観の機能美」、「実写による描写の違い」など。
同じメーカー、スペック(焦点距離、F値)であっても発売時期による外観、光学設計の違いがあれば、蒐集の対象になる。



関連記事

コメント 0