函館行くのにカメラはコンデジのRX100と折角買ったのでミラーレスのX-E2を持って行きました
レンズは35mm1本だけでは不安だったので便利だろうと18-55mmも

通常の一眼レフよりは小さいもののそれなりにデカいミラーレスよりポケットに入るRX100中心に使うだろうと予想してましたが 想定外に使ったカメラはX-E2+18-55mmとiPnone(笑)のみ
35mmとRX100はケースから出る事がありませんでした
X-E2は起動が速くEVFですがファインダーがあるので写すのが楽しかったです
単焦点派だったけどXF18-55mmはソコソコ良い写りだし手振れ補正もあるしズームって便利だわ(汗)

マクロモードに切り替えってカメラは久々だったのでアレ?ピントが合わんぞ?ってケースがシバシバ
と、ISO設定がAUTOだとプログラムシフトが出来ないってのは謎仕様だな


ここからは覚書的にフィルムシミュレーションを並べてみました

Provia
14013101.jpg

スタンダードモード
スタンダードでも他社よりも鮮やかです
某掲示板に「化学調味料、人工甘味料、合成着色料、食品添加物てんこ盛りの不自然なジャンクフード画質」って書いてあったけどうまいコト言うなぁと(笑)
実物に忠実だと地味だからジャンクフード画質は好きです


Velvia
14013102.jpg

ビビッドモード
スタンダードでもSONYならビビッドモードだよなぁ
フイルム時代からVelviaは不自然派手画質のブランドとして定着してるな訳でケバケバとハデの境界線ギリギリのトコ
空も海も青い! 


Astia
14013103.jpg

ソフトモード
スタンダードモードより色合いが淡い分だけ明るく写る感じ
自分のスタンダードモードはしばらくコレにしようかと思ってます


クラシッククローム
14013104.jpg

色が綺麗すぎてドキュメンタリーフォトでは使えんって理由で追加されたらしい地味モード
印刷してから少々時間が経過して色褪せ気味になった印刷物みたいな感じかな
ドンピシャになる被写体があるような気がする


PRo Neg.Hi
14013105.jpg

PRO Neg.Std
14013106.jpg

PRo NegはHi(コントラスト高め)とStd(コントラスト低め)
ブログを見るとPRo Neg系が良いってヒトを見かけます
派手さを求めて富士にやってきたのでしばらくは使わないも(笑)

関連記事

コメント 0