*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>


日本ワイン検定について考えてみた その1
  ブログランキングに参加しています


日本ワイン検定や日本ワインを愛する会への誹謗中傷じゃなくって唯一の日本ワインに特化した検定試験なのでこうあって欲しいって気持ちのまとめ

【試験日程】
第1回 2011年10月30日(日) 4月の予定が震災の影響で10月に変更
第2回 2012年11月25日(日) 前年実績より1ヶ月遅れ

第1回は塩尻ワイナリーフェスタと同日でしたので塩尻を選択された方も居たでしょう
第2回が1ヶ月遅くなったのはボジョレーヌーボーが終わってからにしてねって業界の声かな(謎)

色々な意見があると思いますが年1回ですとどんな日程にしても不満の声は出るでしょうね(笑)

★勝手な要望
・年複数回開催



【試験会場】
第1回 東京
第2回 東京、山梨

第1回は2級を東京、第2回は1級を山梨で受験しました
両会場で受験経験がある人は約15名かな

両会場の受験環境の違い

東京は大学の階段状の教室に席の間を空けずに着席します
今まで受験した検定試験は席は1つ飛ばして着席しか経験が無いのですが見る気が無くても隣の解答用紙が見えます(笑)
今年も同じような着席だと1級試験のテイスティンググラスは自席に並べられたのかな?
席順は受験番号順に横並びです
今まで受験した検定試験は縦並びしかしか経験が無いので同時に申し込めば知り合いが隣の席になる確率は非常に高いです
席間隔が狭い&隣席が知人って仕組みを応用すると・・・・グループで・・・・以下自粛  って事も可能ですね
今年の会場の写真を見ると1つ飛ばしっぽく見えますがどうなんでしょう?
(追記)2級の席は1つ飛ばしだったようです

山梨はフラットな3人用会議机に2名着席で普通の検定試験風
東京よりゆったりしていて大きなバッグを置くスペースもあります
会場が図書館なので早く到着したら館内で自習できるってメリットも

テイスティングワインの提供方法が東京と山梨で異なってます
・東京は空のグラスが席に用意してありマスキングしたボトルを各自で50ml注ぎ後ろの席にボトルを回す
・山梨はグラスに注がれたワインが提供される
マスキングしたボトルは試験のワインと同じだと思われますからボトル形状やボトル色がわかる東京の方が有利かもしれません
※余分な情報が目に入って混乱する可能性もありますが(笑)
この部分は統一して欲しいです

試験は西日本でも開催して欲しいですよね

★勝手な要望
・東京会場の改善
・テイスティングワインの提供方法の統一
・西日本での開催


【試験後の対応】
試験結果の通知
第1回 2011年10月30日(日)→11月末発送
第2回 2012年11月25日(日)→1月中旬予定

ソムリエ協会の呼称認定試験の結果が数日で通知される事を思えばマークシートなのに通知が遅いですね
単純に1問5点って配点じゃないのかな?


試験終了後に試験問題は持ち帰れません
試験問題を持ち帰れない試験はたくさんありますが持ち帰れない理由が「出題範囲が狭いので身近に既受験者から過去問題を教えてもらうとその新規受験者が有利になる」でした
そのままじゃくても口頭でも伝えられる訳でして(笑)
トイツワインケナーのように全員にわかるようにwebで公開した方が公平かと思います
このままだと試験問題や解答のグレーな部分に突っ込みを入れられないように隠蔽してるって勘ぐられても仕方ないですね

試験後ではありませんが試験の情報は日本ワインを愛する会のHPのニュース欄に掲載されてる程度の情報しかないです
専用のwebサイトもしくは日本ワインを愛する会のHPに専用のコーナーを設けて欲しいですね


★勝手な要望
・結果通知の迅速化
・専用webサイトの開設
・試験問題および解答の公開



試験問題編に続く・・・・続編はこちら

関連記事




テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
東京会場は1級も1つ飛ばしでした。
山梨会場ではテイスティングはグラスに注がれた状態で配られたんですね??
東京会場2級では勝沼ボトルマークが見えたとか見えないとか噂が流れてますが、どうなんでしょう(^_^;)

どうしてもテキストの中からのみ出題したいのなら、あのテキスト、帰るべきだと思いますね~。
No title
momo さん

1つ飛ばしってコトは去年が異常だったんですねぇ
山梨会場はソムリエ協会の試験と同じように別室でグラスに注がれたワインが準備時間中に配られましたよ

来年からは勝沼ボトルマークが付いてるかどうかボトルを触ってみるって対策が使えそうですね(笑)

結局、テキストは試験用なんですよねぇ
No title
初めまして。
東京二級会場で、問題を公開しない理由の解説が試験官からありましたよ。
そこでは、問題のクオリティーを守るためということでした。
つまり公開することで、過去問を意識した問題を作らなくてはいけなくなり、重箱の隅をつつくような問題が出るようになることを防ぐためということです。
確かにテキストが非常に薄いのでそれも理由になるとは思いますね。

つまり、大事な問題は過去とかぶるということなので、周りに試験を受けた知人がいる人はやや有利になりますけどね。
No title
ユッキー さん

はじめまして
去年の2級試験でも同じような説明がありました
既受験者に知り合いが居ると大変有利ですよね
企業の団体受験は特にその恩恵が高いと思います
なので公平になるように公開したら?って意見です

私は過去問題を出しても良いと思います
ランキング

順位チェック>

リンク
管理人宛にメール

メール

楽天 アマゾン 価格.COM ヤフオク価格比較検索

プロフィール

管理人のpotage(ポタージュ)です

ココはバナナカステラ案内所
サブコンテンツです

食を中心とした名古屋な日常やワインエキスパート&日本ワイン検定1級の目線での日本ワインを中心としたワインのお話などの雑記帳です

みなさまのコメントやご意見ご感想メールをお待ちしております

★ワインエキスパート ☆日本ワイン検定1級 ★コムラードオブチーズ ☆佐々木酒造認定呑酒師:No.658


現在の閲覧者数


最近のコメント
データ取得中...




ワインの日々 2nd
ブログ内検索
ブログ管理
カテゴリ(ただいま整理中)
多機能カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
30minブログマップ
FC2アクセス数
[ジャンルランキング]
地域情報
378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
60位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示