上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「勝沼人の大地」(かつぬまびとのだいち)

それは、内田ぶどう園園主内田秀俊と、勝沼ワイナリーマーケット店主新田正明の同級生コンビが結託して、二人のわがままに理解ある醸造家を巻き込んで創り上げる限定ワイン。

続きはこちらから


そんな勝沼人の大地と内田ぶどう園のジュースを飲む会
12030201.jpg


勝沼人の大地はビンテージによって生産者が違います(同じ場合もあります)

今回は勝沼醸造、ダイヤモンド酒造、麻屋葡萄酒のワイン

勝醸は華やか

ダイヤモンドは芯がシッカリ

麻屋は軽やかに広がる


初めて飲んだ菱山本葡萄液と菱山葡萄果汁の濃厚さにビックリ・・・特に菱山本葡萄液は飲むと言うより食べるに近い感じ


関連記事

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。