塩尻ワイナリーフェスタと四恩醸造のリリース会と言う2大イベントの開催日なのにナゼか東京へ

目的は第1回日本ワイン検定2級の受検

会場に向かう道に若い女性が多かった理由はコレかぁ
1319947693052.jpg

早めに会場に行って第1回なのでどんな試験になるか謎だらけなのでシッカリ復習しようかと

会場に行ったら入場は30分前から


野外の座れる場所を探していたら、同じ試験を受ける山梨の某ワイナリーのご夫妻を発見

お話をしながらお互いにテキストと必須に格闘
(この時間帯はドキドキしたわ)


入場時間になって受付に行ったら一般受付と団体受付と2列あった

団体受付??って何って思ったら大手企業さんが大勢受験に来てるそうです
※列の感じだと7割くらいは団体枠かな?


試験内容は文章問題48問と試飲して葡萄品種を答える問題2問の50問
全てマークシートの四択です

試験時間は120分ですが試験説明や試飲準備を含んでます
実際の時間割は文章問題60分(70分だっけ??)と試飲10分


問題用紙は回収でしたので、出題内容を掲載出来ませんがおおまかな感じだとソムリエ協会の教本の酒類飲料概論+日本ワインの歴史+日本のワイナリー+αって感じ

設問は検定テキストから出題されてますので丸暗記できれば合格できます(笑)

日本ワインをソコソコ飲んでるソムリエ協会の資格保持者さんでしたらテキストを読み教本との差異(日本に限定してるので教本とは違う部分があります)を覚えれば合格ラインに近いトコまで行けると思います


テイスティングのワインは↓の2種
・ルバイヤート 甲州シュール・リー 2010
・シャトー・メルシャン 山梨ベリーA 2008
日本ワインを飲み慣れてるヒトにはサービス問題ですね


70点で合格とする予定だそうなので1問2点と想定すると35問正解で合格
筆記の48問中で答えがグレーな部分が15問・・・全部不正解だと不合格(汗)

試験終了後にテキストで調べたらほぼ正解だったのでマークミスが無ければ何とかなりそうな予感


2級合格者は来年10月頃実施予定の1級の試験の受験資格が与えられます

関連記事

コメント 2

Miki  2011, 11. 04 (Fri) 05:42

No title

楽しそうな試験ですね!
ますます日本ワインへの愛が深まり・・・ました?^^

ブログ作ってみちゃいました。
一枚の写真と文章ちょっとで単調ですが・・・手探り稼働です
よろしければちらりとどうぞ♪

編集 | 返信 |  

potage  2011, 11. 04 (Fri) 19:57

No title

Miki さん

ますます日本ワインへの愛が深まり・・・ませんなぁ(笑)

ブログはチラ見ですが訪問しました
あっと言う間に人気ブロガーになっちゃうんだよなぁ

編集 | 返信 |