今週末は勝沼方面へワイナリーめぐりに行って来ます

人気ブログランキングへ

タイムリーなコトにJapan Wine Competition 2011の結果が発表されました


金賞は18点

欧州系品種 赤
・ソラリス 信州東山カベルネ・ソーヴィニヨン2007 部門最高賞
・ソラリス 信州東山カベルネ・ソーヴィニヨン2008
・Le Vin Naturel de Domaine Sogga Cabernet Sauvignon 2e 2009
・Le Vin Naturel de Domaine Sogga Vignes Francaises 200
・ソラリス 信州カベルネ・ソーヴィニヨン2007
・ソラリス 信州カベルネ・ソーヴィニヨン200
・ソラリス 信州千曲川産メルロー2006
・NAC メルロー[樽熟] 2008

欧州系品種 白
・シャトー・メルシャン 北信シャルドネ 2010 部門最高賞
・ヴィラデストヴィニュロンズリザーブ〈シャルドネ〉2010
・シャトー・メルシャン 長野シャルドネ 2010
・シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン 2010

国内改良等品種 赤
・シャトー・メルシャン 山梨ベリーA 2008 部門最高賞

甲州 辛口タイプ
・シトラスセント甲州 2010 部門最高賞
・リュナリス 甲州 バレル・ファーメンテーション 2010
・シャトー・メルシャン 甲州小樽仕込み 2010

極甘口
・サントリー登美の丘ワイナリー 登美 ノーブルドール 1987 部門最高賞

スパークリングワイン
・安心院スパークリングワイン 部門最高賞


う~ん、今年はブラインドで評価したとは思えないような結果

ビオとか置いてないようなフレンチレストランのワインの固定概念がバッチリ刷り込まれてるソムリエさんが店で売るために選んだようなラインナップ


素人的な思いだとシッカリとフィルタリングした見た目も味もクリーンで樽香がシッカリしたワインじゃないと高評価されてない気がする

欧米に負けないワインをセレクトする催しで日本オリジナルってワインをセレクトする催しでは無いのだろうなぁ


甲州の入賞は樽使用やシュールリーが多いけど濃ければ良いのか?
実際に樽の強いのとかシッカリ味の甲州って市場が求めてるのだろうか??
それとも日本酒の鑑評会出品酒みたいな扱いなのか???
※ソノ中で部門最高賞の樽無しってのは奇跡


食中酒的なワインが大事だと思う


出さないワイナリーや本当のところ出したくないワイナリーも増えますわ
関連記事

コメント 4

ヒバリ。  2011, 08. 03 (Wed) 11:58

スパ甲ゎ

e-12500mlだったもんで、出んかったんかなぁ…

編集 | 返信 |  

potage  2011, 08. 03 (Wed) 12:21

No title

ヒバリ。 さま

アソコは他に出すものがイッパイあると思うぞ

編集 | 返信 |  

きゅー  2011, 08. 03 (Wed) 14:14

No title

ワインも極めると本当に楽しそうですよね!

編集 | 返信 |  

potage  2011, 08. 03 (Wed) 20:12

No title

きゅー さま

少しでも知ってると美味しさ倍増ですよ

編集 | 返信 |