半年で4回ほど同じ話が有ったので


話の内容を取りまとめて脚色するとこんな感じ

「パソコンのデータは外付けのハードディスク(USBメモリ)に保存してあるから大丈夫」

バックアップは??

「パソコン本体に入れて無いからパソコンが壊れても大丈夫だよ」

外付けのハードディスク(USBメモリ)も壊れるよ

「えっ?」

パソコン本体も外付けのハードディスク(USBメモリ)も壊れる確率は変わらんよ

「えええっ(汗)」

二重化したりCDやDVDで副本作ってないの?

「はい」

それじゃぁ、ダメじゃん

「うん(涙)」



パソコンのデータを外付けのハードディスクやUSBメモリに保存するとパソコンの買い替え時の引越し作業はラクになりますがバックアップ対策にはなりません

パソコンのデータは本体に保存し、外付けのハードディスクやUSBメモリに定期的にコピーして副本を作成する事をお勧めします
※出来たら副本データもCDやDVD化にして三重化されると良いでしょう
関連記事

コメント 2

sophia  2011, 03. 20 (Sun) 16:08

No title

基本中の基本ですね。

たびたびPCを壊すワタクシ、大して重要なモノはありませんが…何度かデータ消失の憂き目にあっています。

つい一昨日もWindows7に不具合!リカバリかけてPCは復活しましたが、書き溜めた某文書を消失しました。バカだぁぁぁ…。

ところで、CDやDVDは大丈夫ですか???

編集 | 返信 |  

potage  2011, 03. 20 (Sun) 18:05

No title

sophia さま

CDやDVDは半永久的では無いと思います

元のメディアの品質や保存状態で保存出来る期間が決まってくると思います

文章でしたら容量も少ないですのUSBメモリにバックアップして
にその副本を定期的にCDやDVDに作るコトをお勧めします

後はオンラインバックアップかな?

編集 | 返信 |