北陸の旅シリーズです

その2は小松弥助
10120701.jpg
去年の冬に続いての訪問


前回同様に撮影のお願いを「どうぞ、美味しく写して下さいね」と前回同様のご回答


やさしい大将はご健在(今年イタリア旅行に行かれたそうで)
10120702.jpg
大将のカッコイイ姿を写そうと撮影のお願い
カメラで追うと大将の流れるような動きがかなり速い!
ナカナカ良い写真が撮れなかった


アカイカ
10120703.jpg
甘く柔らかでシャリとの一体感


焙りトロ
10120704.jpg
去年は焙りが足らなかった気がするけど今回はちょうど良い感じ


甘エビ
10120705.jpg
得意素材じゃないので臭みが無いって評価しか出来ません(スマン)


バイガイ
10120706.jpg
柔らか系のネタが多い中での数少ない歯ごたえ系
身は厚いけど包丁が入ってるの優しく食べられる


香箱蟹
10120707.jpg
冬に訪れる理由はコレ
香箱蟹ダブルにして欲しいなぁ


山芋・雲丹・鮪赤身の小丼
10120708.jpg
寿司屋ですが握らない寿司
3つの素材がケンカしないでまとまってます
小丼と言っても数口で完色のサイズ
このサイズだがら美味しいんだよな


鰻と胡瓜の手巻き
10120709.jpg
撮影用にとカットして皿に盛って頂きました
鰻と胡瓜って相性が良いんだよなぁ


鮪ヅケ
10120710.jpg
ネタからシャリまでスっと歯が通っていく
赤身の美味しさが楽しめます


コハダ
10120711.jpg
弥助でハジメテの青魚
サッパリめかな?


穴子
10120712.jpg
とろける


ラストはネギトロ
10120713.jpg
その場でトロの端の部分をシロネギをたたきます

手巻きで頂きます
10120714.jpg
素直にうまいです


ほとんどのお寿司は味付け済み
前回訪問時よりちょっと味が強かった気がする?


今度は夏のネタの時期にね


【小松弥助】
石川県金沢市池田町二番丁21-1

076-261-6809

11:30~17:00(要予約)

水・木定休

関連記事

コメント 2

Richebourg  2010, 12. 13 (Mon) 21:21

小松弥助、いいですね。

アパホテルの1Fという立地はかなり謎ですが、ご主人と話するのもかなり楽しかった記憶があります。

志の助は駅から若干遠いですが、あの凛とした雰囲気が好きです。

最近、金沢もご無沙汰してます。。。

相変わらず、大将のお寿司は美味しそうですね。

札幌の「鮨菜 和喜智」の大将が目指すお寿司は小松弥助のお寿司と言っていたのも頷けます。

編集 | 返信 |  

potage  2010, 12. 14 (Tue) 01:52

Richebourg さま

こんにちは

初回訪問時は有名店なのでかなり緊張して訪問しました
日本一かと言われるようなお店の大将とは思えないやさしい会話でなごみました
大将も寿司の味のひとつだと思います


編集 | 返信 |