9月4日~5日は勝沼の旅

今回は甲府まで高速バス

ランチはmixiとtwitterで聞き込みをした結果、tn77cさん推奨の「鳥もつ」となりました

駅近くの奥藤へ
10090402.jpg

ざるそばと鳥もつのセット(と生ビール)をオーダー
10090401.jpg
鳥もつは名古屋人好みの甘辛な味付けで旨い
白飯や日本酒に良く合いそうな感じ
モリソバ無制限食べ放題は蕎麦定食のみだった

電車に30分ほど揺らて勝沼へ

タクシーでマルサン葡萄酒さん
タクシーの運ちゃんがアソコの赤は旨いからドコのワインは美味しいですかって聞かれたら赤ならマルサンって返事するよ!で、もっと宣伝すれば良いのに?と醸造主も知らないような評価をされてるようです
10090403.jpg

まずは畑へ、甲州種はやや色づいてます
10090404.jpg

レインカットの樹齢12年の畑
10090405.jpg
シャルドネ・メルロー・プチベルドーも先月来たときより実が大きくなって収穫間際って感じです


生食の葡萄棚の下でワインと葡萄の試食
今回もまったりしてしまった
ベリーAのワインも旨かったなぁ・・・買えばよかったと少々後悔

本日の宿「民宿 みゆき荘」
10090406.jpg
ビジネスホテル程度のお値段で2食付
この時期、朝入浴できないのがオシイけど小奇麗な宿です

オカズが全部写って無い気がする晩飯
10090407.jpg
10090408.jpg
大手どころが載ってないワインリスト(良い!)からルミエールの甲州とイケダのベリーAをオーダー
※1 ワインは、ほぼ市場価格でボトル2000円弱からとリーズナブル
※2 今思えばイケダのベリーAって一般市場に流通してるの?

民宿の家主に食後にドコへ行って来たかと聞かれ「マルサン葡萄酒」って答えたら「昔からワインを造ってるのにほとんど無名で、最近急に話題に出るようになり注目されだしたけどどんな感じのワインです?」と醸造主も知らないような評判をされてるようです

ワインエキスパート4人旅なのに誰もワインオープナーを持ってなかったと言うトラブルが有ったモノの食後の宴席も無事終了

シッカリとした充実した朝食
10090409.jpg
今年4度目の納豆タイムと思ってましたが納豆は無し(笑)


翌日は第1日曜日に開催される勝沼朝市

とっても暑かったので朝市散策も早々に逃げ込むように会場の近くのシャンモリワインとシャトレーゼワイナリーで避暑

予約してあった勝沼朝市ワインセミナー
10090410.jpg

カリキュラムはこんな感じ
10090411.jpg
内容はワインや甲州種の歴史とテイスティング方法
ゲストのお話以外は毎回同じ内容らしいです(タッチーとツッチーが気になるヒトはコチラを
ここに参加者全員が小さく写ってるので探してみてください

篠原シニアワインエキスパートの手作りおつまみとワイン4種で会費はなんとと500円♪
10090412.jpg
勝沼の篠原さんみたいに名古屋の篠原さんもコスパ頑張って下さい(笑)

ワインは甲州ヴィンテージ 2006 勝沼醸造
ベリーAヴィンテージ 2006 勝沼醸造
勝沼 甲州樽発酵 2008 シャトレーゼ
甲州 一升ビン 新巻葡萄酒 (画像無し)
10090413.jpg
勝醸のワインはどちらも骨格がシッカリしたキレイなワイン
複雑味がある一升ビンは湯のみで(グラスで呑むより旨かった)
シャトレーゼのワインはJAPAN WINE COMPETITION 2010(国産ワインコンクール2010)で金賞・最優秀カテゴリー賞を受賞ワインし市場では完売状態なワイン 樽が強いのかと予想してましたが良いバランスで旨し

セミナー後に3月に知り合ったマイミクさんと再会しご挨拶


その後は新装なった「シャトー・メルシャン」ワイナリー
時間的にワイナリー見学は出来なかったのでテイスティングカフェへ
10090414.jpg
ワイン感が全くない美術感のような建物

改装前の勝沼総合お土産センターwith試飲コーナーみたいな感じとは大きく変わって取り扱いはワインのみ
10090415.jpg

試飲ワイン(確か有料のみ)はテーブルに座ってゆったりと
試飲のワインと一緒にランチやおつまみも楽しめるプチワインバー的な感じになっております
10090416.jpg
料理はミルプランタン監修となっております

中庭には葡萄の木と葡萄棚(まだワイヤーのみ)
10090417.jpg
数年後には立派な棚になっているでしょう

中庭にあったワイングラスのオブジェで撮影(左のグラスが標準サイズ)
10090418.jpg

中のグラスが標準サイズ
10090419.jpg
オブジェはガラス製では無いので(アクリル製か?)短時間なら持ち上げられますぜ!


その後はダイヤモンド(今回もお話はお母さんで髭眼鏡1号には合えず)、山梨ワインと駆け足で周り勝沼駅へ


【質問】勝沼のみなさんドクターワインって何ですか?
10090420.jpg


甲府駅から名古屋までは高速バス

バスは楽だけど現地の移動と時間の制約が厳しいな


ひと眠りした後はTwitter初級者によるTwitter初心者向けの心細い講習会が開催された
関連記事

コメント 9

ヒバリ。  2010, 09. 06 (Mon) 14:05

養命酒の

ワイン版かv-361
グラスゎ、ゆうたろうもビックリの大きさだなe-12

編集 | 返信 |  

potage  2010, 09. 06 (Mon) 16:03

ヒバリ。 さま

なんて言ったてドキターですからね
グラスは記念撮影したけど意外と重かった
風が強い日はヤバイな

編集 | 返信 |  

Kana  2010, 09. 06 (Mon) 20:37

勝沼、いいね~♪

週末は名古屋激暑だったけど、それは勝沼も同様だったのかしら??
バスは確かに時間の縛りありすぎだよね。。

あー やっぱりぶどう祭りいきたーーいぃ
ワインツーリズム参加したーいぃ・・

でもその時期って宿泊とれないものね。。とほほ

編集 | 返信 |  

potage  2010, 09. 06 (Mon) 20:53

Kana さま

勝沼も暑い!
勝沼は宿泊施設が少ないからね。
塩山なら温泉もあるしタクシー移動可能な距離だからご検討されては?

編集 | 返信 |  

sakemonred  2010, 09. 06 (Mon) 22:01

持って無くてもなんとかしてこそエキスパート、だろ?

朝市はおばちゃんにたぶらかされて、席の選択を間違えたなあ。

「ながさわ」さんはやっぱアレじゃなかった。
http://wine-nagasawa.co.jp/hpgen/HPB/entries/1.html

編集 | 返信 |  

potage  2010, 09. 06 (Mon) 23:11

sakemonred さま

大工じゃないんだから(笑)
スピーカーの真ん前になってから失敗感が増幅しました
アレはナンだんだろう??

編集 | 返信 |  

辻  2010, 09. 07 (Tue) 22:44

醸造主も知らないような評判はありがたいこっちゃ。
また来てくらさい~。
俺は髭眼鏡何号すか?

編集 | 返信 |  

potage  2010, 09. 08 (Wed) 10:48

辻 さま

コチラの方では勝手に1号が吉男、2号が剛士、3号が亮と規定されております(笑)
来年は是非金賞を狙ってください

編集 | 返信 |  

-  2010, 12. 07 (Tue) 17:05

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |