日・月曜日と勝沼の旅

行ったトコは勝沼だったり塩山だったり山梨市だったりするけど勝沼と言ってしまって良いのだろうかと・・・

名古屋を朝出発で昼に着

勝沼へ行くと「吉田のうどん」ってフレーズを良く聞くので良くわからんが一度食ってみようゼ!ってコトで信玄へ
10080801.jpg

信玄うどんをオーダー
10080802.jpg
おそらくトッピング全部のせに近いだあろう

麺は確かに味噌煮込みの麺みたいな食感
かつで、太さは倍以上なので更にカタい

山梨のヒトってこんなのを食ってるから味噌煮込みの麺に抵抗が無いんだよなぁ

天プラは名古屋の長命うどんの天ぷらみたい(笑)


で、空腹も満たされたので


その後はデザートを食べにに葡萄畑見学に

名古屋のローカル番組で取材された名古屋で一番旬な醸造家さんであるマルサン葡萄酒

ここは生食葡萄の果樹園と醸造用葡萄畑・醸造場を併設する珍しいワイナリー

まずは畑を若旦那の辻さんに案内して頂く
10080803.jpg
10080804.jpg
ここは10年以上前から垣根造りかつレインカット製法でシャルドネ・メルロー・プチベルドーを栽培してるワイナリー

「川沿いで風が1日中あって、病気になりにくいのが自慢の畑」なのですが今年気象は異常なようで病気が出てしまっていて収穫量が減る見込みだそうです

果樹園へ戻りデラウェアとサニールージュをいただく
10080805.jpg
サニールージュ旨い!

夜までノープランなので試飲しながらまったりワイン談義
※私は運転手なのでアイスコーヒー(涙)

その後にナゼかココの読者の風間聡一郎さんトコの甲斐ワイナリー

行ってみたが居ない・・・呼んでもらおうよって声もありましたが「バナナカステラ案内所のpotageと申しますが、聡一郎さんがご在宅でしたらお願いできますか?」って確実に変なヒトになってしまうので退散

twitterでコンタクトが取れたのでDMで氏名を告げて翌日再訪問することに

で、宿にチェックイン


夜は翌日に葡萄畑のお手伝いをさせて頂く農家さんで宴席


さて、翌日

暑いから作業は午前中って言われていたけど台風接近で小雨模様なので涼しくって快適
10080806.jpg
甲州畑での作業は「病果とり」
成長途中で病気になってしまった実の削除
速度を要求されなければ熟練度が無くっても大丈夫な作業です

結構な量が病気になっていて、アッチコッチで言われてる「今年の収量は半分」って言われる意味が良くわかりました。

手伝ったのか邪魔をしたのか判断に苦しむトコですがお昼まで作業しお昼ごはんをご馳走になってお別れ


午後はジャパンワインコンペティション2010で最優秀カテゴリー賞を受賞したアルプスワイン

リョーさんは醸造準備で合えなかったのであづみ店長にお相手して頂く

ここでもまったりとお話


ラストは甲斐ワイナリーへ

聡一郎さんに有形文化財の蔵を案内していただく

「ブログのピザ旨そうですね」と言われタイヘン恐縮してしまった管理人であった


帰路に昨日食って旨かったサニールージュを買いに生食葡萄を買いにマルサン葡萄酒へ

試食で食べさせてもらったベニバラードも旨かったのでコッチも購入!

勝沼の果樹園ってなんとなくぼられてる気がして買ったことが無かったけど初購入です!!

皮が薄くさくらんぼのような味わいのベニバラードは我が家で大好評でした


と言うことで「まったり山梨ツーリズムは終了」


3枚のETCカードを駆使して通勤割引で帰る管理人ご一行であった




関連記事

コメント 2

sakemonred  2010, 08. 13 (Fri) 13:08

帰省ついでに親戚まわりました、のノリだよなー。

「宴席」の描写は一行かよw

レンカット → レインカット?

編集 | 返信 |  

potage  2010, 08. 13 (Fri) 13:22

sakemonred さま

レインカットです(訂正しました)
帰省ついでの親戚まわりでした。
宴席は非公式行事(笑)なので1行で

編集 | 返信 |