別のワイン会の時に日本ワイン会をやって欲しいって要望があったので「炭火焼き鳥よぞら」で日本ワインを呑む会を開催

F1000115.jpg


1 小布施 Sogga pere et fils 田舎風スパークリング 2008 プリムールC
  生産者 小布施ワイナリー(長野県)
  葡萄品種 国産ドイツ系品種100%(長野県産)
F1000118.jpg
早飲みワインらしいですが我が家の冷蔵庫で半年熟成。
泡も味わいもゆる~くなって地ビールのピルスナービールのような感じ。


2 Hosaka 「    」 No name 白 2008
  生産者 ボーペイサージュ(山梨県)
  葡萄品種 甲州(山梨県韮崎市穂坂地区産)
F1000119.jpg
少しの差だけど前回呑んだときより発泡感が軽くなった気がする。
在庫が有れば買っておこうかな?  


3 北海道ケルナー 2007
  生産者 北海道ワイン株式会社(北海道)
  葡萄品種 ケルナー(北海道産)
F1000120.jpg
今回の掘り出し物!ややドライで酸が多めだけど角無くがきれいにまとまった味わい
2004年物から毎年続けて国産ワインコンクールで銅賞受賞の理由がわかった


4 ドメイヌ・タケダ アッサンブラージュ(白) 2007 
  生産者 タケダワイナリー(山形県)
  葡萄品種 シャルドネ60%、マスカットベリーA40%(山形県産) 
F1000121.jpg
去年の夏にMVP候補だったワイン 
マスカットベリーAが入ってるので他の白とはちょっと違うニュアンス。


5 キスキッカ シャルドネ
  生産者 熊本ワイン(熊本県)
  葡萄品種 シャルドネ(熊本県山鹿市菊鹿町産)
F1000122.jpg
凄く正統派なシャルドネ
安心院よりふくよかでボリューム感があります


6 NAC ツヴァイゲルトレーベ 2003 
  生産者 井筒ワイン(長野県)
  葡萄品種 ツヴァイゲルトレーベ(長野県産)
F1000129.jpg
謎の酒精強化チックな味わい?
ツヴァイゲルトレーベは誰も飲んだこと無かったので葡萄の味なのか劣化なのかが迷宮入り


7 サンジョベーゼ 2008 
  生産者 能登ワイン(石川県)
  葡萄品種 サンジョベーゼ(石川県能登産)
  F1000130.jpg
ピノより淡い色調、味もかなり淡いです。
料理には合わせやすと思うけど誰もサンジョベーゼって気づかないだろうな?


8  Hosaka 「    」 No name 赤 2008
  生産者 ボーペイサージュ(山梨県)
  葡萄品種 マスカットベリーA(山梨県韮崎市穂坂地区産)
F1000131.jpg
やや発泡感あり。落ち着いてくると骨格のシッカリしたベリーA。
白と一緒にコイツも買って1年くらい放置するかな?


9 カーブドッチ 2005 ピノ・ノワール 
  生産者 欧州ぶどう栽培研究所(新潟県)
  葡萄品種 ピノ・ノワール(新潟県能登産)
F1000132.jpg
線はかなり細くコトー・シャンプノワって感じの淡いワイン。
それでも日本産のピノとしては頑張ってると思う。


10 花 カベルネソービニヨン 2004 
  生産者 仲村わいん工房(大阪府)
  葡萄品種 カベルネソービニヨン95%、ミツオレッド5%
F1000133.jpg
「がんこおやじの手造りわいん」の上級クラス
こちらの方がシッカリしてカタマリ感があります
青みとタンニンは弱くカベルネソービニヨンっぽく無い


ゲストワインが1本追加


11 キャネー 2007 デラウェア 万力+
  生産者 金井醸造場(山梨県)
  葡萄品種 デラウェア(自家農園産と甲府市善光寺産)
F1000134.jpg F1000135.jpg
甲府市善光寺産の葡萄栽培は小林剛士さんさん。
なので「金井&四恩 夢のコラボレートワイン」って言われてます
香りは甘いですが酸と骨格がシッカリしてるのでべったりした感じが無い
このワインみたいにデラウェアは美味しいヤツがたくさんあるような気がする


普通の会話で日本ワインの生産者や地区名がポンポンと飛びかっていた。
関連記事

コメント 0