覚王山チーズクラブ 12月のテーマは
家・・・
DSCF3497.jpg
ではなく・・・恒例「チーズフォンデュパーティーをしよう!2008」


今年も5種のフォンフォンデュが出撃

フォンデュ・アングレース(チェダーとシードルの英国風フォンデュ)
DSCF3488.jpg

フォンデュ・ジャポネーゼ(北海道産チーズと日本酒の味噌チーズフォンデュ)
DSCF3491.jpg

フォンデュ・ア・ラ・ペイザンヌ(フランス農夫風フォンデュ)
DSCF3492.jpg

フォンデュ・モワティエ・モワティエ(スイス・フルブール地方のフォンデュ)
DSCF3493.jpg

アンチョビとオリーブのプロヴァンス風チーズフォンデュ
DSCF3494.jpg

パンの他の具材はこんな感じで
DSCF3499.jpg

ナゼか今年も溶けにくいと評判の酒が泡物のシードルの英国風フォンデュを担当するコトに

去年習得した「フォンデュのチーズを混ぜる時は水平ではなく垂直に混ぜるとキレイに溶ける!!」を実践しました


で、一番に完成!!
DSCF3500.jpg

5個の鍋を駆け巡ったので他の完成系の画像は無し


シメは

マスカルポーネとホワイトチョコのデザートフォンデュ・サバ風味
DSCF3504.jpg


ドレも旨かったけどチョットこげた感じの味噌チーズフォンデュが一番旨かった



今年もポイント!フォンデュのチーズを混ぜる時は水平ではなく垂直に混ぜるとキレイに溶ける!!
関連記事

コメント 0