小牧ワイナリー

愛知県でワイナリーと言えば豊田市にあるアズッカ エ アズッコさんが有名ですが・・・

紙パック酒の清洲桜醸造の楽園ワインも愛知県産かと思われます
18042304.jpg

中北薬品の日本薬局方ブドウ酒ってヤツも愛知県産だったりします
18042306.jpg

愛知県内唯一のウイスキーメーカーで相生みりんで有名ないろいろな種類のお酒を製造する相生ユニビオが相生ワインって言う料理用ワインを製造してます

愛知県幸田町役場の地元特産品の展示品に今でも轟酒造のブドー酒が飾られています(もう作ってないでしょうけど)
18042305.jpg

日進市の果実酒・どぶろく特区を利用したワインも少量生産され飲食店で提供されているようです(ここの特区制度はワインは飲食店で提供するのみで酒販はできないはず)

常滑市にもまもなくワイナリーが登場する見込みですし、他にもOEMでワインを製造してるところがあるかもしれません

委託醸造だと東海市の東海ワインを筆頭に岡崎市・刈谷市・大府市・東浦町・幸田町・名古屋市では地元葡萄を使った委託醸造ワインが少量ですが生産され販売されてます

そんななか、醸造を開始した小牧市にある小牧ワイナリー ななつぼし葡萄酒工房へ札幌市にあるワインカフェのオーナーさんのアテンドで初訪問してきました

18042301.jpg

地元のヒトが他地区のヒトにお世話になるってのはよくあるお話ですね(笑)

小牧ワイナリーはリンク先を見て頂ければ説明されていますが障害のある人がぶどうをつくりワインを販売する施設です

訪問するまで、まあココのワイナリーのワインは買って飲まなくてもいいよなと思っておりました

当日の案内はほとんどの作業の主担当をされている豊橋出身の白井さん
白井さんは十勝ワインで最初で最後の研修生と言われる人で北海道時代にワインカフェのオーナーさんとお知り合いになったそうです

他のワイナリーでは聞くことが出来ない障害者さんの作業性や安定した作業量の確保の必要性をお聞きしました
なので、畑作業は障害者さんが横移動のみで作業が出来対面作業も出来るという事でほとんどが垣根仕立てとなっております
18042303.jpg


画像の垣根仕立の葡萄はなんとベーリーAです
18042302.jpg


ワイナリーの特徴も出したいと言う理由で全国的に栽培例が少ない川上善兵衛の交配品種であるローズシオタを多くて栽培してます

今、販売されている主商品は輸入原料使用品がほとんどですか、まもなく自社や近隣の葡萄を使った日本ワインがリリースされる予定です

リリース前のワインを試飲させて頂きました
白井さんの醸造の個性なのか他ワイナリーには感じない酸が豊かな味わいのワインに仕上がっていてリリースが待ち遠しいと言う訪問前とは真逆なイメージになって帰ってきました

試飲させて頂いたワインの一部は連休中に開催される小牧ワイナリー 春の葡萄酒まつり 2018で販売される予定があるみたいです

愛知県内にまた一つ魅力的なワイナリーが出来たみたいですよ
スポンサーサイト

PowerShot G11

自転車で昼飯を食べに出かけた帰り道に中古カメラ屋があるのに気づき、久ぶり(10年ぶりくらいかなぁ)に寄ってみた。
気分的にはα7Ⅱにマウントアダプタ経由で使えそうなMFレンズが置いてあるのかの確認。

ひととおり店内を見て、いったん外に出て自転車に乗ったものの何か気になって店外から見えるショーケースをみたらPowerShot G11が鎮座してました。

当時、キットレンズのEOS KISSといい勝負できる画質って言われたカメラです。
10年前の機種ですのでキズやテカりはありますが動作は問題なし。
お値段はヤフオクでジャンク品の取引価格よりもお安い値付け。

以前から撮影素子がCCDのコンデジが一つ欲しいなと思っていた思ってましたので保護して帰りました(笑)

保護して細かく清掃して手持ちのストラップ装着。
18031901.jpg


起動はソコソコ速いですがraw撮影だとメモリーカードの書き込み時間が遅め。
さて、10年前のカメラでどれくらい戦えるでしょうか?

SAMYANG AF35mm F2.8 FE

α7Ⅱ用に軽い単焦点レンズが欲しくなった

FEマウントの軽い単焦点の定番はSEL35F28Zなのだがカールツァイス税が原因なのがお値段がお安くない。

去年の夏にSAMTANG(サムヤン)からSEL35F28Zモドキ35mmの小さくて軽い単焦点レンズSAMYANG AF35mm F2.8 FEが発売された

韓国メーカーだし安かろう悪かろうだとうと気にもしていなかったのだが写りは本家とモドキSONY製とSAMYANG製の区別がつかないくらいSAMYANG製の性能が良いとのカキコを見てついうっかりポチ


で、数日後
18020301.jpg

箱は高級感無いですね


レンズはこんなポーチに入っております
18020303.jpg

持ち運び時には重宝しそうです


装着
18020302.jpg

重量約85g、長さ3.3cmなので持った感じが軽いです
が、重量バランスがボディに寄っちゃうので慣れるまで変な感じです
AFの速度も合致も普通です
静かな室内だとほんの少しモーター音を感じますがジーコジーコ的なレンズと比べたら無音と言ってもいいでしょう


作例です
先日買ったSEL24105Gの35mm相当との比較です。
手持ち撮影なので若干アングルがズレてますが絞りは5.6で撮影しました。
jgegの撮って出しでPhotoShopで縮小してあります。

180203so01.jpg
180203sa01.jpg

180203so02.jpg
180203sa02.jpg

180203so03.jpg
180203sa03.jpg



上段がSEL24105G
下段がSAMYANG AF35mm F2.8 FE

どちがも個性的な写りをするレンズではありませんが区別がつかん



発色傾向が若干違うのと等倍で見ると少しSAMYANGの方が解像してる感じがする程度の違い
SEL24105Gって重い大きい暗い以外は撮影倍率も高いし良いレンズってコトなのだろうか??


2018年1月31日は皆既月食

名古屋市科学館の情報だと名古屋地区は
18013101.jpg


20時48分 欠け始め
21時51分 皆既の始め
22時30分 食の最大
23時08分 皆既の終わり
24時12分 欠け終わり


光学30倍ズームのDMC-TZ70を使って名古屋市内で手持ち撮影しました



20時40分
1801312040.jpg

20時46分
1801312046.jpg

21時12分 欠け始めがわかるようになってきました
1801312112.jpg

21時25分
1801312125.jpg

21時40分
1801312140.jpg

21時54分
1801312154.jpg

22時07分 薄暗くなって赤くなりました
1801312207.jpg

22時13分
1801312213.jpg

22時30分 雲がかかってきて撮影は限界に
1801312230.jpg


手持ちでココまで写せるとは思ってませんでした

赤い月を見ることが出来て良かったです
ブログ欄外に設置してありましたリンク集が表示されていません。

廃止した訳ではなく、利用していたサービスの画RSSがサービスをやめちゃったのか稼働していないのが原因です。

同様なサービスを行っているところに乗換を検討しておりますが、リンク先のアドレス情報は画RSSに保存してあったので手元に情報が無くリンク先が元どおりならないと思います。

ブログ本文よりもリンク集をご利用なさっていた方も多いかと思いますが復旧はボチボチやっていきますのでお待ちください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。